Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > フタリシズカ

フタリシズカ (二人静)
Chloranthus serratus
 ヒトリシズカが咲いてから1ヶ月ぐらい後、緑が濃くなった樹林下ではフタリシズカが花をつけます。楚々としたヒトリシズカにくらべると、草丈は50cmほどと高く、葉もずっと大きいので、ふんいきはかなり異なります。ヒトリシズカは一つだけ花序をつけますが、フタリシズカの花序は2〜4本以上とさまざまです。花糸はヒトリシズカのようにのびず、花柄にはりついてつきます。多摩西部の丘陵地帯ではでは、武蔵野の面影が残された雑木林でフタリシズカがところどころで咲いていました。
■撮影地別
 ○東京都あきる野市
 ○長野県長和町

クローズアップ

群落
2004.5.3 東京都あきる野市
2004.5.3 東京都あきる野市   
Before Plant   Next Plant        2014.6.15 長野県長和町