Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ヒメスミレ

ヒメスミレ (姫菫)
Violaconfusa ssp. nagasakiensis
 ヒメスミレが生えるのは道ばたや空き地など私たちの生活に身近なところで、都市部でも側溝のわずかなすきまで花をつけているほどです。タチツボスミレスミレも人里に多いスミレですが、ヒメスミレの場合は両種のように山の中で見かけることはめったにありません。このようなことから、日本にもともと自生していたのではなく、人の生活とともにもたらされた植物の可能性も指摘されています。花は紫色の花のスミレの中でもっとも小さく、わずか1cmほどしかありません。
■撮影地別
 ○新潟県入広瀬村
 ○東京都千代田区

クローズアップ

■群落
1999.5.14 新潟県入広瀬村
        2005.4.19 東京都千代田区   
Before Plant   Next Plant