Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ハンショウヅル

ハンショウヅル (半鐘蔓)
Clematis japonica
 丘陵ぞいの県道を歩いていたところ、急な崖からたれ下がって咲くハンショウヅルに気づきました。この仲間の花期は春から秋までさまざまですが、ハンショウヅルはカザグルマと同様に春に咲く種類です。4枚の暗紅紫色の萼を閉じぎみにつけて咲く花は、カザグルマのように大振りではないものの、茶花に向きそうな落ちついたふんいきがあります。名前は火事を知らせるのに使う「半鐘」に由来し、かつては街角でも火の見櫓につるした半鐘を目にしたような気がしますが、最近は見かけなくなりました。
■撮影地別
 ○神奈川県横浜市
 ○神奈川県箱根

クローズアップ

■群落
2005.5.8 神奈川県横浜市
           2016.6.12 神奈川県箱根
Before Plant   Next Plant