Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ハマアズキ

ハマアズキ (浜小豆)
Vigna marina
 南西諸島では、海岸にも本州では見られない植物が多くあります。亜熱帯性気候ということで、台湾や東南アジアと共通する植物が見られるだけでなく、南太平洋の各地域から海流で種子が運ばれて定着することもあるのでしょう。ハマアズキは熱帯に広く分布し、国内では屋久島以南と小笠原諸島から知られています。名前は黄色い花と葉のかたちから、同じくササゲ属のアズキを連想したものです。莢に5〜6個入っている直径5mmほどの種子(豆)はアズキとちがって褐色で、食用になるかは不明です。
■撮影地別
 ○沖縄県大宜味村


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2007.3.18 沖縄県大宜味村