Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ハクホウナズナ

ハクホウナズナ (白鳳薺)
Draba kitadakensis
 北岳山荘方面から北岳山頂をめざして登っていくと、岩場のすきまに生えているハクホウナズナに気づきました。葉や茎に毛が密生して、植物体全体が白っぽく見えるのが特徴です。この毛は先端がいくつもに枝分かれして「星状毛」と呼ばれますが、とても細かいのでルーペがないと確認はむずかしいかもしれません。また、茎は茶色っぽく、葉がついた節ごとにジグザグに折れ曲がっているのも特徴です。北岳や八ヶ岳など本州中部の一部の高山に分布し、「キタダケナズナ」という別名もあります。
■撮影地別
 ○山梨県北岳


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2004.7.4 山梨県北岳