Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ハゴロモモ

ハゴロモモ (羽衣藻)
Cabomba caroliniana
 魚を飼うときにいっしょに水槽に入れられる「金魚藻」には帰化植物も多く、水槽から野外に流れ出て定着する例が知られています。金魚藻の1つに、属名そのままのカボンバ、和名ではハゴロモモと呼ばれる北米原産のものがあり、熱帯魚店で安く販売されています。糸のように細い裂片がたくさんつく沈水葉のほか、楕円形の浮水葉を水面に広げるのが特徴です。やはり逸出することが多いらしく、相模川の河川敷の池では、ハゴロモモが浮水葉をのばし、一面に白い花を咲かせていました。
■撮影地別
 ○神奈川県相模川


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2012.9.3 神奈川県相模川