Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ギンミズヒキ

ギンミズヒキ (銀水引)
Persicaria filiformisfiliformis f. albiflora
 ご祝儀袋に使う水引は、かたく細いひもをたばねてつくられていますが、ミズヒキにこの名前が使われているのは、紅白に色分けされる花がミズヒキを連想させるほか、その長い花序が水引のひものようだからというのもありそうですが、どうでしょうか。ギンミズヒキはあくまでミズヒキの白花品であって、名前こそ金/銀の組合せになるものの、キンミズヒキとは関係ありません。ギンミズヒキの花は4枚の花被片からなり、タデ科のように花弁と萼片が区別されない場合はまとめて花被片と呼ばれます。
■撮影地別
 ○神奈川県横須賀市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2012.7.22 神奈川県横須賀市