Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > フジ

フジ (藤)
Wisteria floribunda
 フジはつる性の木本で、他の植物にからみついて枝をのばし、大きな薄紫色の花序をたくさん垂れ下げて新緑の山をいろどります。マメ科の植物の中でも日本人に親しまれてたものの一つで、繁殖力が強いことから子孫繁栄の象徴として、平安時代の摂関家である藤原氏をはじめ、家紋としても利用されてきました。今でも庭園などで棚仕立てにしたフジを見ることができます。5月下旬、遅い春を迎えた石川県の手取湖畔では、落葉樹におおいかぶさるようにして花を鈴なりにつけたフジにであいました。
■撮影地別
 ○石川県白峰村
 ○神奈川県箱根

クローズアップ

■群落
2002.5.25 石川県白峰村
         2005.5.28 神奈川県箱根   
Before Plant   Next Plant