Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > エゾミソハギ

エゾミソハギ (蝦夷禊萩)
Lythrum salicaria
 エゾミソハギはミソハギに似ていますが、葉のつけねが茎を抱くことや、茎や葉に毛が生えることから、別種として区別されています。花の色や大きさはミソハギと変わりませんが、花弁の幅がやや広いように感じます。ミソハギは平地の川辺や湿地などにもあって、鎌倉市内の谷戸でも見ることができますが、エゾミソハギは標高の高いところで目にする機会が多いようです。写真は、この日の最後に立ち寄った池のほとりで咲いていたもので、うす暗いなか、なんとか撮影することができました。
■撮影地別
 ○静岡県富士市
 ○長野県御代田町

クローズアップ

■群落
2012.8.12 静岡県富士市
            2006.8.19 長野県御代田町
Before Plant   Next Plant