Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > バッコヤナギ

バッコヤナギ (ばっこ柳)
Salix caprea
 ヤナギの生育環境をみると、湿りけのあるところに生えるものと、乾いたところに生えるものに大きく分けられます。バッコヤナギは後者のグループで、北海道南西部、本州近畿以北と四国にかけての丘陵や低山の乾燥地に生えます。早春、葉を展開するまえに花序をだすようすから、「ヤマネコヤナギ」という別名もあります。わたしは崩壊地などにも進出するようすから、その名前に「跋扈」とついたのかと思っていましたが、「べこ」「婆っこ」がなまったものという説もあり、名前の由来は定まっていないようです。
■撮影地別
 ○静岡県磐田市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2008.3.19 静岡県磐田市