Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > アレチヌスビトハギ

アレチヌスビトハギ (荒地盗人萩)
Desmodium paniculatum
 ヌスビトハギの花は長さ3〜4mmくらいしかなく、いたって地味ですが、同属の帰化種であるアレチヌスビトハギはあざやかな紅紫色の花をつけ、そのサイズもヌスビトハギより二回りは大きいのでよく目立ちます。ヌスビトハギは林縁などのうす暗いところを好むのに対し、アレチヌスビトハギはいかにも帰化雑草らしく、道ばたや空き地などの明るいところで見かけます。高さは1mほど、花序の分枝が多いことも特徴の1つです。北アメリカの原産で、日本では主に関東以西の暖地に帰化しています。
■撮影地別
 ○神奈川県横浜市


クローズアップ

■群落
2008.9.21 神奈川県横浜市
        2008.9.21 神奈川県横浜市   
Before Plant   Next Plant