Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > アオハコベ

アオハコベ (青繁縷)
Stellaria uchiyamana var. apetala
 アオハコベはヤマハコベの変種で、分布は母種と同じく近畿以西ですが、こちらのほうが目にすることが多いという、かわった関係です。母種のような白い花弁がなく、代わりに緑色の5枚の萼がピンとのびて花弁のように見え、名前もこれに由来します。対生する葉をつけた茎が岩や地面を這うように広がり、先端は斜めにのび上がって、直径1cmにも満たない花をつけます。雲仙岳では、展望台から普賢岳方面へと向かう登山道沿いでちらほらと咲いていました。
■撮影地別
 ○長崎県雲仙岳


クローズアップ

■群落
2017.5.14 長崎県雲仙岳
2017.5.14 長崎県雲仙岳
Before Plant   Next Plant