Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ヨブスマソウ

ヨブスマソウ (夜襖草)
Cacalia hastata ssp. orientalis
 尾瀬ヶ原を流れる川ぞいでは、上流から栄養分が運ばれてきて帯状の林が形成されることが多く、拠水林と呼ばれています。中田代と下田代のあいだにあり、群馬県と福島県の県境にもなっている沼尻川の拠水林では、夏になるとうす暗い樹林下でヨブスマソウが花をつけます。ヨブスマソウは人の背丈以上になりますが、先端の花序につく頭花はどちらかというと地味で、咲いているか終わっているか分からないほどです。「夜襖」というのはムササビの地方名で、大きな葉をムササビに例えたものです。
■撮影地別
 ○群馬県尾瀬ヶ原


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2007.8.5 群馬県尾瀬ヶ原