Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ツルカノコソウ

ツルカノコソウ (蔓鹿子草)
Valeriana flaccidissima
 カノコソウは高原の草地などに生える、どちらかといえばめずらしい植物ですが、ツルカノコソウのほうは人里周辺や低山でごく普通に見られます。花期はカノコソウよりもずっと早く、4月のはじめには花を咲かせます。その一方で花と同じころから走出枝をのばし、その先に新しい株をつくって養繁殖をさかんに行います。湿りけのあるところが好きらしく、玉川上水のほとりでは生育環境にも恵まれ、春の陽射しをあびてせいいっぱいに花序をひろげていました。
■撮影地別
 ○東京都小金井市
 ○神奈川県葉山町

クローズアップ

■群落
1992.4.12 東京都小金井市
            2004.3.14 神奈川県葉山町
Before Plant   Next Plant