Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > トクワカソウ

トクワカソウ
Shortia uniflora var. orbicularis
 トクワカソウはイワウチワの変種にあたり、主に日本海側の低山から亜高山帯にかけて分布します。生える環境は母種のように岩場ばかりでなく、落葉樹林下でもわりあいに見かけます。雪融けを待つようにして花を咲かせますが、常緑の葉は長い間雪の下にあったせいか、緑色でなく赤茶けた色となっていることも多いようです。母種よりも全体に大きく、葉のつけねがイワウチワではくぼんだ心形になるのに対して、トクワカソウではくぼみのない円形であることで区別できます。
■撮影地別
 ○新潟県入広瀬村


クローズアップ

■群落
1999.5.14 新潟県入広瀬村
             1999.5.14 新潟県入広瀬村
Before Plant   Next Plant