Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > テンニンソウ

テンニンソウ (天人草)
Leucosceptrum japonicum
 9月中旬、白馬岳の登山口である猿倉に着くと、すでにこのあたりは色づきはじめ、秋の気配が色濃くなっていました。車を止めて身支度をしているとき、駐車場周辺の林縁にテンニンソウが群生しているのに気づきました。草丈が高く、大きな花穂をつけるので、秋の山ではよく目立つ植物です。関東地方周辺では、山梨県の三ツ峠山や伊豆半島のドライブウェイで見かけましたが、なぜか奥多摩や高尾山では記憶にありません。どうも分布域内でも数の多いところ・少ないところがあるようです。
■撮影地別
 ○長野県白馬岳


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2002.9.15 長野県白馬岳