Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > テイカカズラ

テイカカズラ (定家葛)
Trachelospermum asiaticum
 テイカカズラは山野に普通に生える木本性の常緑つる植物です。若い枝はうす暗い樹林下で見ることが多く、花をつけないようですが、明るいところに進出すると一気に花を咲かせます。花の直径は2〜3cm、5裂した花冠の先端は船のスクリューのような形をしています。名前は平安-鎌倉の歌人・藤原定家に由来するもので、能楽で使われる謡曲「定家」では、藤原定家は蔦葛(つたかずら)に身を変じて、想いをよせていた女性の墓にからみつくことになっており、この蔦葛がテイカカズラというわけです。
■撮影地別
 ○神奈川県鎌倉市


クローズアップ

■群落
2005.5.29 神奈川県鎌倉市
             2005.6.12 神奈川県鎌倉市
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「テイカカズラ」