Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > シュンジュギク

シュンジュギク (春寿菊)
Aster savatieri ssp. pygmaeus
 シュンジュギクはミヤマヨメナの亜種で、全体に小さく、葉に光沢があって根生葉の鋸歯が大きいなどの特徴があります。おもに蛇紋岩地に生え、三重県の朝熊山ではこの特徴がはっきりしていますが、蛇紋岩地でない六甲山などからも報告があり、やや典型から外れる場合もあるそうです。ヒトツバタゴの株元に生えていたミヤマヨメナは高さ約20cmと小さめで、蛇紋岩地でないものの、根生葉からシュンジュギクの可能性が高いとみました。他産地のシュンジュギクも見てさらに確認したいと思います。
■撮影地別
 ○岐阜県


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2011.5.22 岐阜県