Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ヒトツバタゴ

ヒトツバタゴ
Chionanthus retusus
 はるばる訪ねた山里では、雪が積もったように真っ白となった木々が目につきました。「これがヒトツバタゴかあ」と車で移動しながらチラチラと横目に見ます。町なかの木は絵になりにくく、ようやく「これは」というものに出会いました。高さ30mにもなる高木で、対馬に自生するほか、なぜか遠く離れた東海地方の愛知・岐阜・長野の各県からも知られています。対馬では山が遠くからでも真っ白に見えるほど多いそうですが、東海地方ではまれな植物で、「ナンジャモンジャ」の別名もこのことに由来します。
■撮影地別
 ○岐阜県


クローズアップ

■群落
2011.5.22 岐阜県
                 2011.5.22 岐阜県
Before Plant   Next Plant