Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > シロネ

シロネ (白根)
Lycopus lucidus
 手取川は金沢市の南を流れる河川で、白山に源を発して日本海に流れ込みます。夏の暑い日の午後、手取川の中〜下流域を車も使いながら散策しました。河川敷は砂礫が続く乾燥した河原がほとんどでしたが、一部には伏流水がしみ出したり、川の水が滞留したところは湿地となっており、このようなところを好む植物もみられました。その一つがシロネで、池のように水がたまったところでは数多く群生していました。近縁のヒメシロネなどに比べるとかなり大きく、草丈は1mほどになる植物です。
■撮影地別
 ○石川県寺井町


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2002.8.24 石川県寺井町