Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > オオジシバリ

オオジシバリ (大地縛り)
Ixeris stolonifera
 ジシバリの近縁種にオオジシバリがあります。頭花が大きく草丈も高いほか、葉が細長いのが特徴です。「イワニガナ」の別名からもわかるように石垣など乾燥がちの場所にも生えるジシバリに対し、オオジシバリは水田のあぜなど湿りけのある場所に多いようです。ジシバリと同様、匐枝で栄養繁殖するため、条件がよいと一面に広がります。JR中央線に乗っているときに武蔵境駅の踏切近くに咲く黄色い花に気づき、後日、両種のどちらだろうと思いつつ現地に行ってみると、オオジシバリとわかりました。
■撮影地別
 ○東京都三鷹市
 ○神奈川県鎌倉市

クローズアップ

■群落
1996.5.19 東京都三鷹市
          2004.4.29 神奈川県鎌倉市
Before Plant   Next Plant