Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > オオナンバンギセル

オオナンバンギセル (大南蛮煙管)
Aeginetia sinensis
 オオナンバンギセルは名前のとおり、ナンバンギセルよりひとまわり大きく、色は逆にうすめの印象があります。平地でも目にするナンバンギセルとちがい、オオナンバンギセルは主に山地に生え、このあたりはヒメノガリヤスなどを寄主とすることも関係するのでしょう。咲くのはやや早めで、花冠の先がきれいに外向きにそりかえり、縁は細かく切れこむのも特徴です。萼にはナンバンギセルのような虎模様は入りません。本州以西に分布しますが、どちらかといえば西日本に多いかもしれません。
■撮影地別
 ○山梨県


クローズアップ

■群落
2013.8.24 山梨県
                  2013.8.24 山梨県
Before Plant   Next Plant