Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > オオバナノセンダングサ

オオバナノセンダングサ (大花栴檀草) Bidens pilosa var. radiata
 コセンダングサの変種でもっとも花らしい頭花をつけるのがオオバナノセンダングサです。図鑑で見るかぎりでは園芸植物のようですが、南西諸島ではそれこそどこでも生える雑草で、温暖な気候を反映して一年中、花が咲きつづけます。北米原産の1年草で、高さ1m以上になり、シロバナセンダングサよりずっと大きな白い舌状花をつけるため、頭花は直径3cmにもなります。砂浜に沿って設けられた墓地で見たオオバナノセンダングサは、ふだん見かけるものと異なり、まるで献花された花束のようでした。 ■撮影地別
 ○沖縄県恩納村


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2005.3.15 沖縄県恩納村