Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > オオアワダチソウ

オオアワダチソウ (大泡立草)
Solodago gigantea var. leiophylla
 オオアワダチソウは北アメリカ原産の帰化植物で、セイタカアワダチソウによく似ていますが、7月から8月にかけての夏の暑い時期に花が咲くことや、花穂の先端が垂れることなどからすぐに区別できます。また、セイタカアワダチソウのように大群落となることは少なく、たいていは田の畦や線路の脇などでいくつかがまとまって生えています。むしろ、あまり数は多くないようですが、やはり近縁のカナダアキノキリンソウが花期や外見も似ており、注意する必要がありそうです。
■撮影地別
 ○長野県真田町
 ○石川県金沢市

クローズアップ

■群落
1994.7.24 長野県真田町
             2002.7.7 石川県金沢市
Before Plant   Next Plant