Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > オククルマムグラ

オククルマムグラ (奥車葎)
Galium trifloriforme
 尾瀬ヶ原と尾瀬沼を結ぶ見晴−沼尻間の一本道を進むと、最高点の白砂峠までは段小屋坂と呼ばれるゆるやかな登り道が続きます。途中にはイヨドマリ(魚止まり)沢などの小さな沢や湿地があらわれ、樹林下に生える植物も含め、さまざまな植物をみることができます。この日は残念ながら小雨模様の一日でしたが、湿り気のある場所では、オククルマムグラが小さな白い花をつけていました。尾瀬にはこの仲間がいくつか分布しますが、オククルマムグラは葉が6枚ずつ輪生するのが特徴です。
■撮影地別
 ○福島県尾瀬


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 1995.7.9 福島県尾瀬