Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > キクムグラ

キクムグラ  (菊葎)
Galium kikumugura
 カラマツ林下をたどる登山道では林床に咲く植物は少なく、歩くペースが急に上がりました。それでもクルマムグラオオヤマフスマが現れ、カメラを向けているときに気づいたアカネ科の植物がありました。4枚ずつ輪生する葉の先端はきゅっとすぼまり、ヨツバムグラとはちがいます。よく見ると花のつけねに小さな葉のような苞があり、この特徴からキクムグラとわかりました。北海道〜九州の山地に生え、高さ20〜40cmになりますが、こんな地味な花でどうして名前に「菊」とつくのかよくわかりません。
■撮影地別
 ○長野県霧ヶ峰


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2012.6.24 長野県霧ヶ峰