Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > オキナワギク

オキナワギク (沖縄菊)
Aster miyagii
 初めて訪ねた奄美大島、人気のない海岸にはゴミもなく、明るい緑色の海が広がっていました。岩場を乗りこえて進むと、オキナワギクが少し遅めの花をつけているのに気づきました。オキナワギクは、同属のイソノギクと分布や生育環境では共通する一方で、繁殖方法にはちがいがあります。1年を通じてポツポツと花をつけるイソノギクと異なり、オキナワギクの花が咲くのは、この仲間らしく晩秋にかぎられますが、他の季節は匐枝を盛んにのばし、光沢のある常緑の葉を広げて栄養繁殖を行います。
■撮影地別
 ○鹿児島県奄美大島


クローズアップ

群落
2006.12.3 鹿児島県奄美大島
          2006.12.3 鹿児島県奄美大島 2006.12.3 鹿児島県奄美大島
Before Plant   Next Plant