Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ノジトラノオ

ノジトラノオ (野路虎の尾)
Lysimachia barystachys
 コナスビ属で白い花をつけるグループのうち、先端がたれさがり、まさに虎の尾を思わせる花序となるのがオカトラノオとノジトラノオです。身近に見られるオカトラノオと異なり、ノジトラノオは分布域こそ本州の関東地方以西と九州とはいえ、ポツポツとしか自生地が知られていないめずらしい種類です。両種は遠目では区別できませんが、近づいてみれば、茎に褐色の毛が密生することでそれとわかります。また、オカトラノオが乾いた丘陵地を好むのに対し、ノジトラノオはやや湿った野原に生えます。
■撮影地別
 ○茨城県つくば市


クローズアップ

■群落
2010.7.7 茨城県つくば市
            2010.7.7 茨城県つくば市
Before Plant   Next Plant