Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ムラサキシキブ

ムラサキシキブ (紫式部)
Callicarpa japonica
 「ムラサキシキブ」と呼ばれる植物はじつは2種類あって、紫色の小さな果実をつけ、庭に植えられたり、茶花として用いられているのは、植物学ではコムラサキと呼ばれており、自生のものを目にする機会はなかなかありません。和名でそう呼ばれるもう1つのムラサキシキブはコムラサキと近縁ですが、もっと大型で高さ2〜3mになり、山野の林縁でわりあいに普通に生えています。直径3mmほどの紫色の果実をつけるのはコムラサキと同じで、この色から「紫式部」を連想した名前でしょう。
■撮影地別
 ○神奈川県鎌倉市


クローズアップ

■群落
2012.6.16 神奈川県鎌倉市
           2012.6.16 神奈川県鎌倉市
Before Plant   Next Plant