Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ミゾホオズキ

ミゾホオズキ (溝酸漿)
Mimulus nepalensis var. japonicus
 ミゾホオズキは山地の湿ったところに生える多年草です。花の色や葉のかたちこそオオバミゾホオズキに似ていますが、ずっと小型で高さはその半分ほどしかありません。尾瀬ヶ原でミゾホオズキを初めて見たとき、図鑑から受けていた印象よりもずっと小さいことにおどろいた記憶があります。まばらに生えることが多いようですが、白山スーパー林道で車を止めて散策したときに小さな滝の近くで見つけたミゾホオズキは、びっしりと一面に広がって見事な群落となっていました。
■撮影地別
 ○石川県吉野谷村
 ○群馬県尾瀬ヶ原

クローズアップ

■群落
2001.8.19 石川県吉野谷村
             2007.8.5 群馬県尾瀬ヶ原
Before Plant   Next Plant