Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > マンリョウ

マンリョウ  (万両)
Ardisia crenata
 マンリョウは同属のヤブコウジにくらべるとずっと大型で、高さ1mほどになる常緑の低木です。「万両」というお金持ちになれそうな縁起のよい名前を持ち、濃緑色の葉と鈴なりの真っ赤な果実の組合せがよく映えるせいか、庭木としてもよく用いられています。7〜8月に直径8mmほどの白い花をつけますが、果実とちがって真夏の常緑樹林下ではさしてめだちません。1月に爪木崎を歩くと、熟したままの果実が落ちもせずにたわわに実っているマンリョウがあちらこちらで目に入りました。
■撮影地別
 ○静岡県爪木崎


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2015.1.11. 静岡県爪木崎