Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > クサタチバナ

クサタチバナ (草橘)
Vincetoxicum acuminatum
 このときの伊吹山訪問で、思った以上にみごとだったのはクサタチバナの群落でした。ちょうど見ごろだろうと見当はつけていましたが、山頂の遊歩道ぞいの草原ではいたるところで白い花が咲きみだれ、さながら白い波のように風にゆれていました。ガガイモ科の植物としては花は大きく直径2cmほどになり、散形状にいくつも花をつけます。そのようすがミカンの仲間のタチバナに似ているため、この名前があります。山地草原に生え、高さ50cmほどになる多年草で、関東以西の本州と四国に分布します。
■撮影地別
 ○滋賀県伊吹山
 ○群馬県赤久縄山

クローズアップ

群落
2005.6.25 滋賀県伊吹山
Before Plant   Next Plant 2005.6.25 滋賀県伊吹山
           2008.6.5 群馬県赤久縄山