Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > クロミノニシゴリ

クロミノニシゴリ (黒実の錦織)
Symplocos paniculata
 6年ぶりに立ち寄った葦毛湿原、5月に訪ねるのはこれが初めてです。散策路のわきでは、クロミノニシゴリが咲きはじめていました。クロミノニシゴリは、高さ2〜8mになる落葉性のハイノキで、東海〜近畿地方の丘陵や低山の湿りけのあるところに生えます。名前の意味がよくわからず、調べてみたところ、サワフタギにニシゴリ(錦織木)という別名があり、これに近縁で黒い果実をつけることによるもののようです。葉には光沢があり、葉裏の葉脈以外には毛がないことでサワフタギと区別できます。
■撮影地別
 ○愛知県葦毛湿原


クローズアップ

■群落
2009.5.15 愛知県葦毛湿原
           2009.5.15 愛知県葦毛湿原
Before Plant   Next Plant