Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > コツマトリソウ

コツマトリソウ (小端取草)
Trientalis europaea var. arctica
 コツマトリソウはツマトリソウの変種で、母種は針葉樹林下が主な生育環境ですが、コツマトリソウは湿原に生えることが多く、礼文島では礼文林道や礼文滝コースの草地で見かけます。より小型であることのほか、葉の先端がツマトリソウのようにとがらず、丸みのあるかたちになるのが特徴です。白い花の先端はピンクがかることがあり、写真でもわずかに色づいているのがわかります。一見すると6〜8枚の花弁があるようですが、花が終わるとそのままのかたちでポロッと落ちて合弁花とわかります。
■撮影地別
 ○北海道礼文島
 ○北海道暑寒別岳

クローズアップ

■群落
2004.6.18 北海道礼文島
             2006.7.9 北海道暑寒別岳
Before Plant   Next Plant