Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > キツネノマゴ

キツネノマゴ (狐の孫)
Justicia procumbens var. leucantha
 キツネノマゴは畑の片隅やちょっとした草やぶなど、身近なところに生える1年草です。高さ50cmほどになり、いくつに枝をわけてその先に花序をつけます。花は小さく直径5mmほど、紅紫色の花冠はよくみると舌を出しているようです。花はいっぺんにではなく、ぱらぱらと夏から秋にかけて咲きつづけます。名前は漢字をあてると「狐の孫」となりますが、花序をキツネの尾にたとえたものとか、花をキツネの顔に見立てたものとか諸説があるものの、そのはっきりとした由来は不明とのことです。
■撮影地別
 ○神奈川県鎌倉市


クローズアップ

■群落
2004.9.11 神奈川県鎌倉市
             2004.9.11 神奈川県鎌倉市
Before Plant   Next Plant