Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ハエドクソウ

ハエドクソウ (蝿毒草)
Phryma leptostachya ssp. asiatica
 この日は時間ができたので、買い物ついでに広町緑地に寄ってみました。花の少ない時期でしたが、スギ林の斜面を登っていったところ、林床ではハエドクソウが咲きはじめていました。高さ30cmほどになり、花序をまっすぐのばして花を咲かせますが、花の長さはわずか5mmしかなく、咲いていることにもなかなか気づきません。名前は根を煮出した汁を用いて蝿取り紙を作ったことによりますが、蝿取り紙自体をほとんど見ることがなくなった今となっては、ハエドクソウが活躍する場面もなさそうです。
■撮影地別
 ○神奈川県鎌倉市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2004.6.13 神奈川県鎌倉市