Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > キバナウツギ

キバナウツギ (黄花空木)
Weigela maximowiczii
 タニウツギ属の植物はピンク系の花をつけるものがほとんどですが、わずかな例外として黄色い花を咲かせるものがあって、このうち、秋田県から山梨県にかけての山地にはキバナウツギが分布します。北海道と東北の亜高山に生えるウコンウツギに比べると、花の色はうすくてクリーム色がかっており、その中心部にはオレンジ色の網目状のもようがあるのが特徴です。ひさしぶりに立ち寄った赤久縄山は、深い霧におおわれていたものの、林道わきではキバナウツギがぽつりぽつりと咲いていました。
■撮影地別
 ○群馬県赤久縄山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2008.6.5 群馬県赤久縄山