Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > カワラヨモギ

カワラヨモギ (河原蓬)
Artemisia capillaris
 河原でもあまり水が流れることのないところは、敷きつめられたように小石がかたくしまっていて、植物が根を広げるのにはなかなかハードルが高そうなところです。それでも、カワラヨモギやカワラハハコがところどころでせいいっぱい葉を広げているのが見つかります。カワラハハコの葉は、春は白い毛が密生したものばかりなのに対し、夏から秋にかけて伸びる花茎についている葉は、糸のように細かく裂けていて毛はほとんどなく、まるで別の種類のようです。
■撮影地別
 ○東京都府中市
 ○長野県長谷村

クローズアップ

■群落
1994.10.30 東京都府中市
             2006.8.20 長野県長谷村
Before Plant   Next Plant