Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > イワシャジン

イワシャジン (岩沙参)
Adenophora takedae
 この日、塔ノ岳をめざして丹沢の表尾根を登りました。小ピークをいくつか過ぎ、見晴らしがよくなったあたりで一休みして近くのガレ場をのぞくと、イワシャジンが青紫色の釣鐘のような花をつけていました。実際にみる花は、本でみる印象よりもずっと小振りです。このイワシャジンをはじめ、富士山を中心とした地域に分布する植物は、フォッサマグナ(糸魚川−静岡構造線とも呼ばれる大断層)要素の植物群ととらえられており、種の成立や分布に地史学的な共通要因があるといわれています。
■撮影地別
 ○神奈川県丹沢
 ○静岡県

クローズアップ

群落
1996.9.23 神奈川県丹沢
              2004.9.4 神奈川県丹沢 2013.9.22 静岡県
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「イワシャジン」