Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > イガアザミ

イガアザミ (毬薊)
Cirsium nipponicum var. comosum
 荒崎海岸は三浦半島の景勝地としてよく知られていますが、海岸に沿って4kmにわたって遊歩道がつけられており、海岸植物の観察にはもってこいのところです。11月中旬、荒崎海岸を訪ねると、海岸近くの草地ではイガアザミがハチジョウススキの間で紅紫色の花をつけていました。イガアザミはナンブアザミの変種で、関東地方の海岸沿いに分布します。海岸の環境に適応して草丈は低くなり、深く切れこんだ葉の先端はするどいトゲとなっているのが特徴で、イガアザミの名もこのトゲに由来します。
■撮影地別
 ○神奈川県横須賀市


クローズアップ

■群落
2000.11.12 神奈川県横須賀市
          2003.11.3 神奈川県横須賀市
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「イガアザミ」