Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ヒナザクラ

ヒナザクラ (雛桜)
Primula nipponica
 東北地方の中北部の高山では、岩木山をのぞけばピンク色のサクラソウは見られず、かわって白い花をつけるサクラソウが分布します。ヒナザクラはその一つで、日本海側の山に分布し、湿原や湿った草地に群生します。花期は早く、6月下旬から7月初めが花のさかりです。ハクサンコザクラに比べると花は小さく、ややうつむきがちに咲くため、「雛」の名前にぴったりの印象です。秋田駒ヶ岳では、霧の中を進むうちに浮かび上がるようにしてヒナザクラの群落があらわれました。
■撮影地別
 ○秋田県秋田駒ヶ岳
 ○山形県月山

クローズアップ

群落
1995.6.24 秋田県秋田駒ヶ岳
              2008.8.16 山形県月山 1994.7.10 山形県月山
Before Plant   Next Plant 1994.7.10 山形県月山