Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ヒナギキョウ

ヒナギキョウ (雛桔梗)
Wahlenbergia marginata
 ヒナギキョウは関東以西に分布し、明るい草地などの乾いた環境に生えます。名前にこそ「キキョウ」とつきますが、高さ20〜40cmくらいとぐっと小さく、ひょろひょろとのばした花茎の先に、直径1cmほどの花を1つずつ咲かせるので、ふんいきはだいぶちがいます。関東地方では目にすることは少ないように思いますが、長崎市内では市街地の植えこみでも見かけます。写真は道路の縁石のすきまに生えたもので、こうした岩っぽいところが好みなのでしょう。
■撮影地別
 ○長崎県長崎市


クローズアップ

■群落
2017.5.3 長崎県長崎市
2017.5.3 長崎県長崎市
Before Plant   Next Plant