Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ハンゴンソウ

ハンゴンソウ (反魂草)
Senecio cannabifolius
 8月ごろ、山中の道路ぞいや高原を散策していると、人の背丈ほどの大きな黄色の花をつけるキク科の植物をよく見かけます。これはキオンの仲間のハンゴンソウで、一見するとキオンに似ていますが、 裂する葉で区別することができます。8月中旬、その名のとおり霧にかすむ霧ヶ峰では、八島湿原をバックにハンゴンソウが咲きはじめていました。次の週末、日光の男体山の山頂に群生していたハンゴンソウは、風雨をさえぎるもののない環境のせいか、通常の半分ほどの草丈となっていました。
■撮影地別
 ○長野県霧ヶ峰
 ○栃木県男体山

■クローズアップ

群落
2003.8.17 長野県霧ヶ峰
Before Plant   Next Plant 2003.8.23 栃木県男体山