Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ハクサンボク

ハクサンボク (白山木)
Viburnum japonicum
 ハクサンボクを初めて見たのは3月の沖縄でしたが、伊豆半島・伊豆諸島、山口県州以南と温暖地に分布するとあって、その後目にすることがありませんでした。ところが稲佐山では登山道を歩きはじめてすぐに満開のハクサンボクがつぎつぎと現れ、ごくふつうに目にできる木とわかりました。高さは6mほど、光沢があって厚みのある葉は、いかにも沿海地の植物らしいおもむきです。名前は、北陸にある白山に生えると誤って伝わったことによるといいます。
■撮影地別
 ○長崎県長崎市


クローズアップ

■群落
2017.4.23 長崎県長崎市
2017.4.23 長崎県長崎市
Before Plant   Next Plant