Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ハイノキ

ハイノキ (灰の木)
Symplocos myrtacea
 雲仙岳のふもとに到着し、白雲の池に向かって歩きだすと、散策路に白い花びらがたくさん落ちているのに気づきました。見上げると、ハイノキがこずえに花をつけているのがわかりましたが、高さは10m近くもあってこれでは花は見れません。池をぐるっと回って、やや倒れるように生える株を見つけ、やっと撮影することができました。布に染色する際、色が落ちないように定着させる「媒染剤」として、ハイノキの灰を用いたことからこの名前があるそうです。
■撮影地別
 ○長崎県雲仙岳


クローズアップ

■群落
2017.5.14 長崎県雲仙岳
2017.5.14 長崎県雲仙岳
Before Plant   Next Plant