Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ハダカホオズキ

ハダカホオズキ (裸酸漿)
Tubocapsicum anomalum
 ホオズキのオレンジ色の大きな実は、じつは萼が発達して実のようなかたちになったもので、この萼のなかにある丸い実が本当の果実です。ハダカホオズキはホオズキに似た果実をつけますが、ホオズキとちがって果実がむき出しになっているため、この名前があります。本州以西に分布する多年草で高さは1m近くなりますが、そのわりに花はめだたず、直径8mmほどのクリーム色の花が下向きに咲きます。三浦半島で見たハダカホオズキの果実はまだ緑色でしたが、もう少しで朱色に色づきます。
■撮影地別
 ○神奈川県逗子市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2009.10.4 神奈川県逗子市