Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > エゾミヤマクワガタ

エゾミヤマクワガタ (蝦夷深山鍬形)
Pseudolysimachion schmidtianum
ssp. schmidtianum var. yezoalpinum
 広義のキクバクワガタは分化がいちじるしく、東北地方から中部地方にかけての高山にはミヤマクワガタが広く分布するほか、北海道には超塩基性岩地で変性したものもあって、多くの種類が知られています。キクバクワガタの亜種で、天塩山地、夕張山地、日高山脈などに分布するエゾミヤマクワガタの場合、アポイクワガタほど小型ではありませんが、葉や茎はやはり紫色がかっているのが特徴です。夕張岳で見たのは小さめのものばかりで、アポイクワガタと似たり寄ったりといった印象でした。
■撮影地別
 ○北海道夕張岳


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2006.7.8 北海道夕張岳