Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > チョウジギク

チョウジギク (丁字菊)
Arnica mallotopus
 チョウジギクは主に日本海側の多雪地に分布し、亜高山帯の湿ったところに生えます。よく見かけるのは雪が残るような沢沿いの草地で、白山スーパー林道など人の手が入ったところにも現れます。このほか尾瀬では湿原でもときおりみかけます。花は8月ごろに咲き、筒状花ばかりの黄色い頭花を数個横むきにつけます。花よりもむしろその下にある白い毛が密生した花柄のほうがよくめだつ植物です。同属のウサギギクとは似ても似つきませんが、両種はかなり近縁らしく、ときに雑種が見つかります。
■撮影地別
 ○長野県戸隠山
 ○長野県白馬岳

クローズアップ

■群落
2001.8.25 長野県戸隠山
             2007.8.18 長野県白馬岳
Before Plant   Next Plant