Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ベニサラサドウダン

ベニサラサドウダン (紅更沙満天星)
Enkianthus campanulatus var. rubicundus
 鳩待峠から至仏山を登るコースでは、オオシラビソの林を過ぎると視界は開けて尾瀬ヶ原が眼下に広がり、登山道脇にはダケカンバやツツジ科などの低木が多くなります。ベニサラサドウダンもこのあたりに生える低木の一つで、サラサドウダンの変種に当たりますが、「ベニ」の名がついていることからもわかるように、母種に比べるとはるかに濃い紅色の花をつけます。花つきもよく、葉のつけねから10個前後の花をたらすようすは、まるで園芸品種のように豪華です。
■撮影地別
 ○群馬県至仏山


クローズアップ

群落
1995.8.5 群馬県至仏山
             2011.7.24 群馬県至仏山
Before Plant   Next Plant 2011.7.24 群馬県至仏山