Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > アソタカラコウ

アソタカラコウ (阿蘇宝香)
Ligularia fischeri var. takeyukiii
 植物の観察を始めたころ、植物図鑑にはオタカラコウはあっても、アソタカラコウの名前はありませんでした。阿蘇では両種が混生し、オタカラコウと区別されていなかったそうです。その後、初秋に咲くオタカラコウに対し、6〜7月に開花することや、葉がやや小さく、葉脈がへこんで目立つことなどから、変種レベルで分けられるようになりました。阿蘇ではオタカラコウはくぼ地の湿地に、アソタカラコウはその上にある草の斜面に生えることが多いように感じます。
■撮影地別
 ○熊本県阿蘇


クローズアップ

■群落
2017.7.2 熊本県阿蘇
2017.7.2 熊本県阿蘇
Before Plant   Next Plant